神戸発祥の格闘技イベントACCEL|キックボクシング・空手・総合格闘技のエンターテイメント格闘技大会

           
ABOUT SCHEDULE FIGHTERS RULE RANKING MOVIE
HYBRID KARATE 勇誠会   Hello 仔犬倶楽部
カウンセリング   アクセル貸しスタジオ、貸し教室のご案内
 
 
Accelとは?

関西では稀少な旗揚げ12年となる長寿格闘技イベント。2004年、密かに盛り上がりを見せた神戸発祥のプロ柔道「J-DO」が姿を消すと同時に立ち上がった、主に打撃系中心に特化した格闘技興行。ルールはキックボクシングルールが7割のシェアを占めるが、日本では珍しい「ミャンマーラウェイルール」ほぼ素手で肘打ち、頭突き、投げありと言った原始的なものや、フルコンタクト空手ルール、MMAなど。

かつては、ボブサップや、金泰泳、カルロストヨタと言ったヘビー級が活躍した事から、ミドル級以上の比較的重い階級に主眼を置いたが、K-1の軽量化に伴い、65kg、60kgと階級が下がり現在ではそのクラスが中心となっている。現在Gルール(K-1類似)ルールではフェザー、ライト、ミドル、ヘビーの4階級を設け、武道会ルール(MMA)では、無差別のみ設置。元来、アクセルの目指したものはリアル天下一武道会… それゆえ無差別の色が濃かったが、近年ランキング制を敷いた事により、より競技としてスポーツ化された興行となった。
その為、関西格闘技興行にありがちな杜撰な運営体制に注意し、当然ではあるが、契約体制や質の高い大会ドクター、看護師、更にスポーツトレーナーまでを救護メンバーに加え、血液検査などの健康診断についても徹底義務化を図っている。

また、メディアにも多々登場し、2009年より、現在まで主要イベントは必ず地上波、CS、ネット共にTV放映を繰り返して来た。また、地元有名企業、ラジオ局らの応援の元、イベント運営出来る事が長期運営の原動力となっている。

参加選手もバラエティーに富み、欧米より外国人選手も多く参戦。
第1次K-1ブーム崩壊の影響を受け、かつてK-1で活躍した選手たちの関西唯一の受け皿的存在でもあった。村浜武洋(K-1フェザー級王者)、金泰泳(アジアGP準優勝)、後藤龍治(元SB王者&K-1MAX3位)、大石享、瀧川リョウ(K-1JAPAN3位)、ボブサップなど、現在も活躍する長島自演乙雄一郎に関しても、プロデビューはアクセルから(ACCELvol.3まで参加) 。

大会を華やかにする為、ゲストも芸能人や歌手、ダンサー、パフォーマーらの登場が多く、人気格闘技選手では、魔裟斗&山本KIDらのゲスト共演を神戸で実現。またお客さん参加型のアームレスリングや子供向けのプレゼントコーナーなど、ごく一部の、格闘技ファンのみならず、一般のファミリーにも楽しんで頂くイベントコンセプトが、他興行との最も違う特色である。
現在は、各階級チャンピオンが定着し、他団体からの挑戦者を募る形となっている。
また、業界唯一、試合中場内解説MCが入り、良くも悪くも試合を盛り上げる。

 
 
アクセルプロモーション代表
酒谷敏生(TOSHIKI SAKATANI)
酒谷敏生

8歳から強さに憧れ伝統派空手に入門。15歳まで続け型・組手で優秀選手賞受賞。18歳からはフルコンタクト空手を始め平成7年に空手道場、勇誠会を設立。
主な戦績は、学内拳法大会2位、士道館全日本重量級3位、格闘空手選手権無差別級4位、日本格闘技空手選手権重量級優勝、アマチュアボクシング地方大会Lヘビー級優勝、西日本グローブ空手2位等。
道場指導の傍ら、ペットショップ、飲食店経営等を職業に持ち、アクセル以外はダンスパーティーや動物展示会といったイベントを開催したこともある。
また、政治への関心から神戸市議選にも出馬、教育方針を中心に「まともな政治」 を訴え続けている。

 
about
HYBRID KARATE 勇誠会   Hello 仔犬倶楽部
カウンセリング   アクセル貸しスタジオ、貸し教室のご案内